俳優・タレント養成 「花塾」 塾生募集! 

     

 より実力をつけ、ステップアップしたい! そう願うすべての俳優、タレントのためのワークショップです。経験・未経験を問いません。いまの自分の演技力、受けているレッスンに疑問を感じている方はどなたでも入所できます。

 多くの著名ドラマを手がけている映像分野、舞台制作の第一線で活躍するクリエーターにあなたの演技を直接アピールすることができます。

 また、文学・映画・舞台作品で評論活動を行う、識者にアドバイザリースタッフとして参加していただいており、レッスン中に多くのチャンスに恵まれるシステムで運営されています。

 レッスンは、演技者を入れ替え可能な存在としてでなく、かけがえのない一人の表現者・アーチストという視点からとらえなおし、演技を広い視野でとらえ、確かな表現力を持つ演技者の創造を目指しています。

 これまでとは全く違う、レッスンスタイルを体験してください。

■レッスン内容

 @ 身体訓練
    世阿弥の『花伝書』を現代解釈した独自の身体トレーニング

 A ウォーキング
    身体バランスを通じて演技者としての心を整えるトレーニング

 B 発声トレーニング
    古典芸能の発声法を現代劇に再生させた独自のトレーニング

 C エチュードによる演技指導
    徹底した実践訓練による演技トレーニング

 D 課題練習
    映画・TV・舞台のシチュエーション、古典芸能の台詞を活用した訓練

 E 映画・演劇概論
    俳優として身に付けるべき、映画・演劇の基礎学習

■募集要項

 
@ 年齢   
    18歳以上30歳まで(22歳以上の方は経験者に限る)プロダクション
    劇団所属者可。

 A 費用   
    月レッスン費20,000円 (週2回 各回3時間)成績優秀者は特典あり。

 B 定員   
    25名程度

 C 研修期間    
    第1期6ヶ月 半年毎に実技試験あり。合格者のみ継続可。

 D 入塾試験    
    A「私が目指す演技」をテーマに2000字のレポートを提出のこと。
    B履歴書・写真上半身と全身各1枚を提出のこと。
    C面接選考あり。

 E 募集方法     
    下記にAとBを送付のこと。書類選考合格者に追って、
    面接日を通知します。
              
■書類送付先

  〒107-0062 東京都港区南青山1-26-13-505
           フォア・ザ・ワン・プロジェクト 花塾係



         募集についての問い合わせはここをクリック →

TOPへ                     ページトップへ▲


         地域活性化のための映画づくり支援

      

■映画製作による地域活性化と情報発信

 中央と地方の格差が急激に進む中、いま地域活性化事業には新たな視点、取り組みが求められています。

 多目的ホールやコンサートホールなど箱物をつくりながら、それを活用するソフト制作費や制作ノウハウがなく、維持・管理費に追われるいう現実。地域イベント振興のためのキャンペーンも広報宣言費の不足の上に、特定期間しか実施できないため、持続性・継続性が持てないという現実。観光資源の掘り起こしをしても、全国的な告知宣伝が難しいという現実…。

 いま、こうした課題を抱える地域振興のあり方を見直し、映画製作によって、新たな地域活性化を図ろうという試みが各地で誕生してきています。

 全国へ情報発信ができ、かつ、ソフトの2次、3次利用ができるため、長期的な収益事業にもなるものとして、注目を集めているのです。

■地域映画製作の利点

@映画には関心が高く、全国へ情報発信ができる。

A劇場公開収入だけでなく、公開後のDVD化によるソフト販売収益、衛星放送 や有料TV、地上波などTVでの放映による放映権収益が期待できる。

B映画ロケ地を観光資源として、観光収入の増加が見込める。

C国内外の映画祭に出品して、地域の文化向上に貢献できる。


■地域映画のつくり方

 地域活性化事業としての映画製作には以下の3つがあります。


@自治体と地元企業・団体が製作委員会をつくり、自主映画として製作・配給。
  ※上映は地元、自主映画 祭などへの参加。

A自治体と地元企業・団体が製作委員会をつくり、単館の上映館と提携、劇場 公開映画として製作・配給。
  ※上映は地元と単館劇場及び国内外の 映画祭への参加。

B大手配給会社と提携し、製作委員会と配給会社が製作費を分担。
  ※全国配給。

■製作費

@映画製作費は、その規模・内容により一定ではありません。しかし、自治体・ 団体主導で製作する場合、台本制作段階から予算を折込みながら、製作を進 めることもできます

A文化庁の芸術振興助成
を活用する方法もあります。

B一般的に2時間程度の劇場公開作品の製作費は5000万円から1億円程度   が基本となる目安です。


          
問い合わせはこちらから→


TOPへ                     ページトップへ▲


   企業・団体の社会貢献事業としての映画・舞台づくり支援 


 企業・団体が純粋に社会貢献事業として映画製作に関わるケースは、実は
そう多くはありません。

 現在、企業・団体が映画製作に参画するのは、大手広告代理店を仲介にした
投資を目的としたものが大半です。

 しかし、今後、欧米に見られるように、企業の世界戦略や世界的な地位向上が益々求められるグローバル化の中で、社会貢献事業の一環として、映画・舞台芸術への参画は必要不可欠のものとなっていきます。

■社会貢献事業としての映画・舞台製作の利点

@ファンドなどの活用により広く市民参加を促進することで、企業・団体の社会   貢献事業をイメージとしてでなく、市民生活の中に浸透させることが可能。

A国内はもとより、国際映画祭へ出品することで、企業の社会貢献の取り組み を世界規模でアピールできる。

Bこれまで大企業・大手広告代理店の投資事業であったシステムから、中堅優 良企業が参画できるシステムへ変わることで、コンテンツにこだわった良質の 作品を社会に提供でき、結果的に映像・舞台芸術全般の発展に寄与できる。

■リスク分散の対策

@ファンドの活用
  投資会社との提携により市民や他企業とのコラボレーションを実現

A副次活用
  映画の場合、劇場公開以外にDVD、衛星放送、地上波TVなどによる
  副次活用で製作費の回収が可能

              問い合わせはこちらから→


TOPへ                    ページトップへ▲