秀嶋賢人作品一覧

『東京芸術大学100周年記念事業』    
総監督・脚本   東京芸術大学芸術資料館収蔵

『尾崎豊eyes』   
構成・演出  尾崎豊の写真エッセイ『白紙の散乱』をベースに再構成

『ロスト・オブ・マインド』 
原作・脚本・総指揮 自作短編小説集をヘアヌード写真で映像化


『出会い系サイトの危険』『インターネットの罠』 

監督・脚本   教育ビデオ (文部科学省選定)

ラブレター』    
脚本  同和地区出身の女性といじめから不登校になった女子高生の交流

『見えないライン』   すかがわ国際短編映画祭招待作品
監督・脚本   リストラされたサラリーマン家庭の姿を通して格差社会の問題を描く

『ひきこもり完全脱出マニュアル こうすれば子どもと対話ができる   
監督・脚本   ひきこもりの具体的対処法をドラマ化

『働き方を考える』    
監督・脚本     フリーターの現実を描く

白紙のページ (教育映像祭優秀賞受賞)
監督・脚本   屠場労働に従事する人々のライフインタビューと解体過程を描き、いのちを考える

中学生のいじめを考える 被害者・加害者・観衆・傍観者
監督・脚本・制作  いじめの背景にある思春期問題と家庭環境を描き、いじめの本質に迫る

違法薬物にNO! キミが思うほど未来は悪くない
監督・脚本   薬物へ向かう心の要因や家庭、学校での人間関係に着目した3話オムニバスドラマ

子育て不安を乗り越えて』 優秀映像教材選奨優秀作品賞
監督・脚本   子育て支援センターでの支援の活動を通して、子育ての現状と課題、解決策を提案


虐待防止シリーズ 幼児・児童虐待 高齢者虐待 配偶者虐待』 

文部科学省選定

監督・脚本   日常生活に潜む虐待の構造と背景にある心情をオムニバスドラマで描く

いじめから逃げない』 
監督・脚本   いじめを子どもたちの視線で語り合い、子ども自らが問題解決のヒントを探る

傷つけられる思春期』 

監督・脚本   秋葉原無差別殺傷事件を受けて緊急制作。背景にある家庭問題を描く

ネットの暴力を許さない』 
監督・脚本   携帯電話によるいじめについて、その解決策を提言

■主な映像関連作品

■主な舞台作品

『あの河を泳ぎぬけ』   福岡地区高校演劇コンクール創作脚本賞
博多山笠を舞台に、生きてあることの意味に目覚める青年のドラマ

『覚書』    
帰省した家が他人の家。いつかその夫婦と擬似家族を演じるウソが真実に

『世情』   
 マラソンに青春をかけた男女の出会いと別れのドラマ

『流転』    
身売りされた姉と知的障害を持つ弟の戦前・戦中・戦後史を通じた反戦ドラマ

『時流』    
福岡の基地の町を舞台に、黒人兵士や娼婦、反戦運動家が織りなすドラマ

『こんこんちきち、こんちきち』   
京都四条河原の小屋がけ芝居小屋で往年の夢を追う役者のドラマ

『etohs 聖戦』    
酒鬼薔薇事件と2.26事件、特攻隊が時空を越えてリンクする輪廻転生のドラマ

■主な著作・出版プロデュース

『ロスト・オブ・マインド』
 (宝島社刊) 原作

『脱社会と少年犯罪』
 (創出版刊) コーディネート・プロデュース

『日本の教育の現状を考える』
 (貿易センターWEB) 執筆

『OUT』
 (今週のコラムシリーズWEB)    執筆

『思春期の心をつかむ会話術』
 (学陽書房刊)           執筆

TOPへ

戻る